2015年も終わりそうなので Scala で Android をはじめる方法をまとめたのでぜひみんな2016年は Scala で Android を書きましょうという話

iOS では Swift での開発が本格化して関数型っぽい言語による開発が世間一般に浸透し始めた2015年ですが、Android 開発といえばクソみたいなのは相変わらずで Java6 でもうね。という感じですがいかがお過ごしでしょうか。

そんななか本日は Android を Scala で開発する方法をまとめた話。年末だしね。Kotlin じゃないよ。ごめんね。

“2015年も終わりそうなので Scala で Android をはじめる方法をまとめたのでぜひみんな2016年は Scala で Android を書きましょうという話” の続きを読む

広告

16色しか使えない PowerShell でサングラスがなくても Vim がまぶしくないようにした話

PoserShell は16色までしか扱えないので、PoserShell で Vim 使って Scala するとシンタックスハイライトがかなり南国感がでる。

ただ、Windows 10 の PowerShell では、16色のカラーテーブルが変更可能になっている。(それ以前の OS でもできるかもだけど未確認)
ので、その変更法。

PowerShell のスタートメニューなりなんなりのショートカットのプロパティ => 画面の色 というタブがあるので、そこで色を変更するとそのショートカットから起動した時はそのカラーテーブルが利用される。

いい感じに彩度を抑えるとよいと思います。

キャプチャ

おしまい。

Scala の implicit がいまいちよくわかってなかったけど Android の Listener を小綺麗にかけたらちょっとたのしかったけど黒魔術っぽい話

Scala には謎が多い。その一つが implicit だと思う。

他の言語でもあまりみないキーワードだし、検索するとどういう書き方をするかとか、散発的な使い方は書いてあるけど、今一歩よくわからない。ので調べたら Android というか Listener パターンで使うとわりと良さそうなことがわかった。

“Scala の implicit がいまいちよくわかってなかったけど Android の Listener を小綺麗にかけたらちょっとたのしかったけど黒魔術っぽい話” の続きを読む

Transbook T90CHI-3775 とデジタイザ/スタイラス ペンと Microsoft Universal Foldable Keyboad で Surface mini 気分になった話

Surface Mini 気分になるために T90CHI を買ったわけだけど、結論から書くと T90CHI と Dell の Synaptics社製 デジタイザペンの組み合わせは思った以上にスムーズで最高でおまけに Type Cover そっくりの薄型折りたたみキーボード Microsoft Universal Foldable Keyboad も買っちゃって非常に良くて完全に Surface 気分。

論より証拠。何はともあれまず動画を。

動画

“Transbook T90CHI-3775 とデジタイザ/スタイラス ペンと Microsoft Universal Foldable Keyboad で Surface mini 気分になった話” の続きを読む

Andoroid で Scala するためのテンプレートになるプロジェクトを作ったら TypedResources とか TypedActivity の仕様が変わっていて意外とネットに情報がなかった話

Android で Scala するのに毎回ごにょごにょするのはめんどくさいので、GitHub に Android で Scala するテンプレートになるプロジェクトを公開した。

基本的には pfn/android-sdk-plugin を引っ張ってきて ProGuard とかの SBT ビルドのセッティングがしてあるだけだけど、何も考えずに Clone すれば動くので、私みたいにつまづいた人のために公開しておきます。

biacco-android-scala

TypedResouces でつまづく

android-sdk-plugin では 1.4.0 から TypedActivity は廃止されて、TypedFindView trait に統一されたらしい。このプロジェクトでも TypedFindView をミックスインしてます。よくネットに転がってるサンプルが TypedActivity をミックスインしているけど、もうないので注意。

おしまい。

Windows10 で Linux ライクな開発環境構築を Cygwin でやろうとしたら挫折したので Power Shell で Vim して SBT する環境をつくった話

Windows Tablet 機である T90CHI を購入したのだけど、開発マシンとして使いたかったので Linux をインストールした。が、ドライバがまともに動かなくって挫折した。

ので Cygwin をインストールして作業していたんだけど、SBTのビルドで環境変数がうまく呼ばれなくてこれも挫折(なんか環境変数を何かが上書きするみたいな話があった気がしたけど発見できなかった)。

ので Power Shell という茨の道路線を選んでしまった。Windows 開発は闇と言われたが如何に。

“Windows10 で Linux ライクな開発環境構築を Cygwin でやろうとしたら挫折したので Power Shell で Vim して SBT する環境をつくった話” の続きを読む