Windows 環境構築手順書の話

Windows 環境で Play + Scala + Scala.js + MongoDB 開発環境構築の手順書。他の方のショートカットになれば。

  1. Windows Update
  2. Firefox をインストール
  3. Google 日本語入力をインストール
  4. (ChangeKey をインストール)
  5. (TouchKey をインストール)
  6. 管理者権限の PowerShell で
    1. スクリプトの実行ポリシーを変更
      Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
    2. Chocolatey とその他諸々をインストール

  7. JDK をインストール
  8. JDK の Path をシステム環境変数に追加
  9. JAVA_HOME をシステム環境変数に追加
  10. sbt をインストール
  11. IntelliJ IDEA をインストール
  12. Node.js をインストール
  13. Node.js の Path を追加
  14. MongoDB をインストール
    1. MongoDB の Path を追加
    2. 設定ファイル mongodb.conf を記述
      systemLog:
         destination: file
         path: path\to\mongodb.log
         logAppend: true
      storage:
         dbPath: path\to\db
      net:
         bindIp: 127.0.0.1
         port: 27017
      setParameter:
         enableLocalhostAuthBypass: false
    3. MongoDB をサービスに登録
      mongod.exe --config "path\to\mongod.conf" --install --serviceName MongoDB
    4. 管理ツール -> サービス から MongoDB を選んで起動
  15. RoboMongo をインストール
    1. Create で新しいコネクションを作成
  16. PhantomJS をインストール
  17. PhantomJS を展開して Path を通す