Windows10 で Linux ライクな開発環境構築を Cygwin でやろうとしたら挫折したので Power Shell で Vim して SBT する環境をつくった話

Windows Tablet 機である T90CHI を購入したのだけど、開発マシンとして使いたかったので Linux をインストールした。が、ドライバがまともに動かなくって挫折した。

ので Cygwin をインストールして作業していたんだけど、SBTのビルドで環境変数がうまく呼ばれなくてこれも挫折(なんか環境変数を何かが上書きするみたいな話があった気がしたけど発見できなかった)。

ので Power Shell という茨の道路線を選んでしまった。Windows 開発は闇と言われたが如何に。

パッケージマネージャー Chocolatey をインストールする

Ubuntu なら apt-get、Mac ならbrew みたいなパッケージマネージャーがある。Unix / Cygwin の代替として使う以上パッケージマネージャーが欲しい。Windows にはパッケージマネージャー無いイメージだったけど、最近だと Power Shell から使える Chocolatey というパッケージマネージャーがあるとのことで導入してみた。

管理者権限で Power Shell を起動して

iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))

でインストールが完了する。らくちん。

apt-get と同じような感覚で使える。

choco list [package-name]
choco install package-name
choco upgrade

とかとか。詳しくは公式の Github wikiを参照。

各種インストール

Chocolatey が割と充実していて捗る。Git、Ruby、SBT、wget、ctags そして Vim などなど。特につまづくことなくインストールできた。

choco install vim

Vim で Scala する環境を整える

Mac向けに書かれている 10分で作るScala開発環境 using vim を主に参考に、Windows 版の環境構築をやった。

.vimrc – Github

Neobundle をインストール(<Home> はホームディレクトリ)。
<Home> 配下に .vim ディレクトリを作ってそこに clone するだけ。

git clone http://github.com/Shougo/neobundle.vim <Home>\.vim\bundle\neobundle.vim

Scala のシンタックスハイライト用辞書とctags用の辞書のダウンロード。

wget https://raw.github.com/tyru/dotfiles/master/dotfiles/.vim/dict/scala.dict -OutFile <Home>\.vim\dict\scala.dict
wget https://gist.github.com/anonymous/967685/raw/48f19a19ffd292932a427ad17538258454251ef4/.ctags -OutFile <Home>\.ctags

:make コマンドのインストール(よくわかってない)

wget https://raw.github.com/georgenano/vimrc/master/.vim/compiler/scalac.vim -OutFile <Home>\.vim\compiler\scalac.vim
wget https://raw.github.com/georgenano/vimrc/master/.vim/compiler/sbt.vim -OutFile <Home>\.vim\compiler\sbt.vim

10分で作る~ の方は Command-T のビルドをしていたけど、よくわからなかったので省略。

あとはシステム環境変数の Path に適当に好きな JDK のバージョンのパスを追加する。

あとは vim を起動して :NeoBundleInstall するとプラグインがインストールされて完了。ctrl-e と F8 で IDE っぽい画面と入力中に補完が効くはず。
これでとりあえず SBT を使って快適に Scala のコーディングが vim でできる。メモリが 2GB しかない Transbook だと Intelli J は重いので、軽量な vim で IDE 的な環境ができるのはありがたい。

おしまい。

広告

Windows10 で Linux ライクな開発環境構築を Cygwin でやろうとしたら挫折したので Power Shell で Vim して SBT する環境をつくった話」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中