Andoroid で Scala するためのテンプレートになるプロジェクトを作ったら TypedResources とか TypedActivity の仕様が変わっていて意外とネットに情報がなかった話

Android で Scala するのに毎回ごにょごにょするのはめんどくさいので、GitHub に Android で Scala するテンプレートになるプロジェクトを公開した。

基本的には pfn/android-sdk-plugin を引っ張ってきて ProGuard とかの SBT ビルドのセッティングがしてあるだけだけど、何も考えずに Clone すれば動くので、私みたいにつまづいた人のために公開しておきます。

biacco-android-scala

TypedResouces でつまづく

android-sdk-plugin では 1.4.0 から TypedActivity は廃止されて、TypedFindView trait に統一されたらしい。このプロジェクトでも TypedFindView をミックスインしてます。よくネットに転がってるサンプルが TypedActivity をミックスインしているけど、もうないので注意。

おしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中