Scala の REPL でサンプルのスクリプトを動作させようとするとエラーになる話

簡単なTipsとしてメモ。

Scala は REPL でコードを簡単に試せるからよいという話は多いけれど、REPL 特有のこともあったりして結構悩ましい。

特に、スコープに関してどうなっているかよくわからなかった。

で、サンプルのスクリプトをコピペするとよく動かないことがあったので調べたところ、まんまコピペ向けの機能があった。

scala> :paste

とすると、そこから REPL がコード解釈を一旦停止してくれるので、コピペしても改行で解釈されなくなる。この状態でコピペして ctrl+d すると REPL が解釈してくれて、一連のスコープでまとめて実行されるみたい。

これで楽にコードを試せるようになった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中