Scalaでdef hoge = { case _ => fuga() }がパターンマッチのように見えるけどどうなってるのかわからなかったので調べたら部分関数(PartialFunction)について学びがあった話

結論を先に書くと、{ case _ => fuga() } の型はFunction1のサブトレイトのPartialFunctionだった。

“Scalaでdef hoge = { case _ => fuga() }がパターンマッチのように見えるけどどうなってるのかわからなかったので調べたら部分関数(PartialFunction)について学びがあった話” の続きを読む

広告