android-sdk-plugin + sbt + intelliJ IDEA 14 でAndroidしようとしたらちょっとだけ引っかかった話

android-sdk-plugin と SBT でプロジェクトつくったらあとはIntelliJ IDEA 14以降でインポートするだけだよHAHAHA!! って諸兄がおっしゃるからできるもんだと思ったら、インポートするだけという言葉の定義広すぎるのでは?という事象に出会ったので備忘録。

  1. Moduleの設定がボロボロ
    かなり手を入れないといけない。

    1. ModuleのSourcesを修正する
      命名規則のせいでResouceフォルダと認識されてなかったりする(SBTでビルドする分には問題ない?)
    2. ModuleにFacetsを追加するidea_cap_20150731
    3. FacetsのGenerated Sourceタブは両方共 <project directory path>/target/android-gen にする
    4. FacetsのPackingのAPK pathがSBTの出力先と違う場合には、SBTの出力先に合わせる
  2. Run config
    idea_cap_20150731_run_config

    1. 対象Moduleを選択(これはふつう)
    2. Before launchからMakeを削除し、Run SBTを追加、コマンドに android:package を指定。
  3. local.propertiesで sdk.dir=<Android/Sdk/Path> を設定しておく
    ※ Mac OS だとこれ以外にも環境変数としてANDROID_HOMEをGUIアプリに認識させる必要があるけど、ここでは省略。launchd.confとかをいじる(Mac OS 10.9)
    ※ 2015 Nov. 26th 追記
    Mac OS 10.11 (El Capitan) では launchctl を使った plist による設定をする。Macでの環境変数(environment variables)の設定方法

これで一応SBTでビルドしていたのが、intellliJ IDEA からも扱えるはず。
ScalaTestについては未検証なので、やってみる。

以上、この先生
きのこるためのメモ。

Jul. 31st 2015 追記
Typed Resources (TR.scala)を使うためには、ActivityでTypedFindViewトレイトをmix-inすればいい。とくにビルド設定とかは必要なくなっているっぽい。

広告

android-sdk-plugin + sbt + intelliJ IDEA 14 でAndroidしようとしたらちょっとだけ引っかかった話」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中